FC2ブログ
■2009年09月

室蘭


昨日の室蘭はお祭り騒ぎだった。
「おらが町の総理大臣」

日曜日の室蘭は…

ヴェルディとか岡本とか


Jリーグ創生期には「サッカーと言えば川崎ヴェルディ」だったのに。
どこで何をどう間違えたのか…

最近は、あまりにもスカスカな味スタの客席とか、札幌戦や仙台戦なんかだと一瞬「どっちがホーム?」な感じがしたりとか、凄い外国人(や大黒)が居るのにJ2降格とか、傍から見ていても「大丈夫なんだろうか」と思っていたら、ついに日テレの撤退。
いや、札幌だってしっかりクラブ経営をしなければ「明日は我が身」
ウチの場合は創生期の借金が未だに尾を引いているからなぁ…


そして岡本ヤスが手術をしたと。
一時は練習復帰していたものの、ある日、練習中に急にゲームから抜けた。
急ぎすぎたのかなぁ。
今年のシーズン中にどうにかなるものでもないようなので、来年の合宿には万全の膝で合流できるように、しっかり頑張れ。

ミニゲーム


紅白戦をやるには足数が足りず。
GKを入れて10対10のミニゲーム。
キリノが、自分のやりたいプレーができなかったような…
ダニィが居なかったから?
でも、サイドは何試合も一緒にやっている。
ゲームでの相手チームのプレスは、甲府の何倍も緩い。
全体的にも紅より白の方が攻撃の形を作れているような感じだし。
(どっちが紅でどっちが白だ)
「何だかなぁ…」って感じで見てしまった(-_- ;


全体練習の後、向こう側で吉弘と柴田がロングボール(のクリア)をやっていた。
「ソンファンもやればいいのに…」と思ったのは内緒。
だって彼、自陣ゴールに向かってクリアするんだモン。

2人のヘディングを見ていると、私の基準ではイマイチかっこよくない。
(『かっこいい』と言う言い方が適切かどうか…ちょっと違うな、たぶん)
おまけに、タイミングが悪かった時に「ボールが悪い」って、おいっ!
試合中はいいも悪いもないだろうがぁ。
どんな時でも冷静にきちんと前にクリアするのがあなたたちの仕事でしょうがぁ。

今まで見た中で素敵だったのは、池さんとか画伯とか尽さんとか。
もうね、いつまでも見ていたいくらい。
…と言うより、やっている間ずっと見ている事が多かった。
特に見やすいサブグラでは。
飛ぶタイミングや飛んだ時の姿、インパクトの瞬間がかっこいいんですよ。


全体練習より2人のクリア練習を語ってしまう私って…やっぱりDF(っていうポジション)が好きなんだなぁ(*´ω`*)

本館

月別アーカイブ

11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01  09  08  06  05  04  03  01  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

FC2カウンター

株価&為替ボード

プロフィール

big_flag





つくし

Author:つくし

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク





コンサドーレ札幌
  オフィシャルサイト

 管理人:HFCの中の人


j.b.consadole


別館







検索フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: