FC2ブログ
■2006年11月

好物

おやつで好きなのは『じゃがりこ』
昔は『ポテトチップ』だったけど、『じゃがりこ』の歯ごたえにハートを打ち抜かれました(笑)

昨日何気なく彷徨った『ドンキホーテ』
おやつ関係売り場で私の目を釘付けにした物。

ーーーーーー


またK淵か

天皇杯VチームにACL出場権を検討

これって、ウチにも出場の機会有り?
・・・なんてwktkしてみるけど、そうなったらなったで大変な事で。
このままヤンツーさん続投ならいいけど、新しい監督を迎えて、それなりに選手を入れ替えて・・・じゃ、絶対に無理よね~。

だけど、浦和が天皇杯も優勝したらどうすんの?
・・・いや、ウチが優勝するけどさ。

昨日改めて見てみた

柏戦の再放送があったので、しっかりと見てみた。
(なぜに録画を早く見なかった・・・と言う話は無しの方向で)
自分が現地で感じていたよりも、ボールを巡る攻防が禿しかった。

そりゃそうだよなぁ・・・ほぼピッチと同じ高さで見ていたら、正直な所全然分からない。
めちゃくちゃ臨場感のある選手と一体となれるスタジアムだけど、「ゲームを見る」スタジアムでは無いみたい。

後半、『優也が飛び出してゴール前無人・・・「うわぁ~、失点か?」と思われたところを西嶋がクリアした場面』なんかは、完全に「やられた!」と思って締まったから、ボールがクリアされた時には腰が砕けそうだった。
でもテレビで見ると、そんなに切迫はしていなかった。

コンサの3得点は・・・「こりぁ、いい! (・∀・)b」だったし。
現地では分からなかった細かな選手の動き・・・めちゃくちゃ(;´Д`)ハァハァしちゃった。

あ、あと、透明のパネルが目の前に貼られていたけど、確か前に言った時は無かったような。
ゲーム前のシュート練習とか、ゲーム中とか、ゴールから外れたボールがもの凄い勢いで飛び込んで来るんだよな・・・ギュウギュウだと避けられないんだよ。
特にウチは枠外が多いから・・・(苦笑)
宮の沢で、網が有ると分かっていても、目一杯打たれたボールがスタンドめがけて飛んでくると恐いもの。
前回は、某選手のシュートが足に当たったもの。


そうだ。
あちこちのブログで話題になっている、柏サポの裸。
あの場に居ながら全然気がつかなかったのが残念(笑)
どこをみていたんだろう・・・私。

本館

月別アーカイブ

04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  01  09  08  06  05  04  03  01  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

FC2カウンター

株価&為替ボード

プロフィール

big_flag





つくし

Author:つくし

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク





コンサドーレ札幌
  オフィシャルサイト

 管理人:HFCの中の人


j.b.consadole


別館







検索フォーム

QRコード

QRコード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: